月別: 2018年8月

個人で対応できない

話し合い底地を取り扱っている底地取扱店は借地権付きの土地を扱うのに長けています。不動産業界でも借地権付きの土地を扱うのは簡単ではなく、どこの不動産会社でも対応してくれるとは言い難いです。さらに、借地権や底地の売買に関しては個人で対応するのは現実的ではありません。基本となるのは底地取扱店の不動産業者に買取を依頼することです。場合によって弁護士や税理士との連携が必要になる可能性もないわけではありません。借地権付きの物件が売りにくい場合もあり、双方が納得できる形で交渉をするのが望ましいといえます。

地主側から考えても底地は収益をあげにくい資産であり、買取を望む場合もないわけではありません。借地権の扱いや相続についての悩みを抱えているのなら、底地取扱店への相談をまずすべきといえます。地主自体が変わり、地代の値上げや立ち退きを要求される場合の対応も万全です。借地権に関してのルールが複雑であるからこそ、個人で対応するのはおすすめできません。

どういった対応がベストであるのかを知るためには、底地取扱店への相談が必要になります。自分の今後の生活や権利を守るために、豊富な知識を持っている専門家に頼るのが基本中の基本です。その専門家となるのが底地取扱店となります。

{ Comments are closed }

借地権が不要になる

土地借地権を相続したときに、不要とされる方も少なくありません。自分で家を借りるあるいは建てる場合には不要となるでしょう。もちろん、新しい土地での生活をする場合もあるはずです。借地権を相続した場合でも使い道がないのなら、当然ながら買取をしてもらうということになるでしょう。また、金銭的に続かないのが理由で借地権を相続したものの、手放したいと考える方もいるはずです。

どういった理由にしても借地権が不要となった場合は、底地取扱店に相談するのが望ましいといえます。底地取扱店は借地権に関しての深い知識があるのが特徴です。底地取扱店にすれば買取をしてくれるのはもちろん、有効活用するための方法をアドバイスしてくれるのも大きいといえます。借地権に関する不安や心配などを解消するのは非常に重要になるものです。

底地取扱店への相談をするときには、どういった内容で相談したいのかを事前にまとめておくとよいでしょう。聞きたいと思うことをすべて聞いたうえで対応方法を決めることができるのが大きいです。借地権は基本的には利益をもたらしてくれるものの、ときには不要になってしまう場合もあります。早々に借地権を買取してもらう決断をした場合にも底地取扱店が役立つでしょう。

次頁⇒個人で対応できない

{ Comments are closed }

借地権の買取問題とは

お金借地権は土地を借り、そのうえに建物を建てる権利となります。扱いにくい不動産ではあるものの、土地を購入するよりも安価で家を建てられるのが強みであり、需要がないわけではありません。この借地権を不動産の権利と同じく買取をしてもらうことも可能です。借地権が何らかの理由で不要になった場合にどういった対応をすればよいか頭を悩ませる方も少なくありません。底地取扱店に買取をしてもらうのがひとつの方法となります。ただ、借地権の買取は地主の了承を得る必要があり、承諾料も支払わないといけません。底地取扱店に相談をすれば、査定によってどれぐらいの金額になるのかを把握できるでしょう。その金額に納得ができた場合、買取業者も探してくれます。

さらに、地主が借地権の売却に賛成してくれない場合には、裁判所で調停を行わないといけません。当然ながら地主と揉めている借地権を買取をしたいと思う業者はないため、できるだけ地主との円満な交渉も必要になっていくものです。底地取扱店への相談によって、適切なアドバイスをしてくれるのも大きいといえます。借地権を買取してくれる業者となる底地取扱店なら、扱いにくいとされる不動産であってもその後の対応には問題ありません。

ここでは相続した借地権の買取に関しての説明をしていきます。最も確実な方法となるのが底地取扱店に相談することです。相続した借地権の買取をしてもらえるかと考える方にとってプラスになれば幸いです。

次頁⇒借地権が不要になる

{ Comments are closed }